クレジットカードと債務整理

クレジットカードと債務整理

筆者は、小さなころから体に染みついた貧乏が抜けなくて、
諭吉さん、つまり1万円を財布に入れている時には、ちょっと不安になります。

 

筆者の家の近くでは最近、絶滅危惧種になりそうな、
暴走族の若者が、沢山いてひったくりなどの情報があります。

 

そのため、高額の買い物は、
クレジットカードもしくはショップクレジットでしています。

 

ジャケットのポケットに入れて上にブローチを止めれば、まずもっていかれることは無いですから。

 

このようにクレジットカードは現金を使わずに、
お買いものをできる便利な道具です。

 

先に出来た改正貸金業法の総量規制では、
収入の3分の1以上の借入ができなくなりました。

 

しかし、ショッピング枠では、
割賦販売法という法律が適用されるため、規制を外れるのです。

 

使い方を間違えると、誰でも多重債務に陥る可能性があります。

 

1社だけなら、そう大変なことになる事は無いのですが、
クレジットカードを作れるだけ作ってしまうと、
返済日が次々にやってきて、支払えなくなる日が来てしまいます。

 

また、キャッシング機能がついているので、
ついお金を引き出してしまうことがあります。

 

必要最低限以外のカードは持たない方が賢明です。

 

債務整理をしている法律事務所では、
相談を無料で受け付けていたりしますので、
取り返しがつかなくなる前に、相談してみましょう。