キャッシングと多重債務

キャッシングと多重債務について

多重債務の問題でやり玉に挙げられるのがキャッシングやカードローンです。

 

筆者は自分の返済能力に自信が無いので、
借りるまいと思っていたのですが、
自分がお金の研究を趣味でしているので、一体どんなものだろう、
ひとつ勉強にと申し込んでみたのです。

 

筆者は自営業者で自宅が仕事場兼アトリエです。

 

こういう人間はまず借りれまいと思っていたのですが、
職場が自宅であることを記載して申し込みました。

 

担当者からの質問にビシビシ答え、収入がある事をアピールしたら、
その業者の1番低い枠をもらえました。

 

すごく簡単に借りられるのですね。

 

何回も電話がかかってきて、
ちょっと煩わしかったですけれども、対応も丁寧です。

 

枠をくれたのは厳しいことで有名な銀行系列のところです。

 

多重債務者が出た責任は、
消費者金融側だけに問題があるわけではありません。

 

かつて改正貸金業法が施行される前の消費者金融は、
誰にでも融資を大判振る舞いして、むごい取り立てをしていたところが多かったのです。

 

しかし、年収の3分の1以上の融資を行うことを禁じる総量規制や、
企業側の努力もあって、少し、様相は変わってきたのです。

 

ただし、この総量規制、抜け穴がありまして
「銀行の融資とクレジットカードのショッピング枠は法が違うので感知しません」というのです。

 

多重債務者支援側からすると
、エメンタールチーズのように穴ぼこだらけに見えているそうです。

 

また、過払い金返還請求の問題もございますので、
多重債務者の方は五里霧中という様相ではございます。