司法書士と行政書士

司法書士と行政書士について

弁護士は、テレビやゲームなどでなじみが深い職業ですが、
行政書士、司法書士というお仕事はどう違うか分かりませんよね。

 

行政書士と司法書士は両方とも、
法律にまつわる書面制作のスペシャリストです。

 

両方とも、大変な難関の試験を受けねばならず、
合格者はトップエリートなのです。

 

また、法曹界は男性社会であるため女性は少ない傾向にあります。

 

全くいらっしゃらないわけではないので
女性同士しかできない話をしたい方は、お探しになるとよいでしょう。

 

行政書士は各自治体に出すお役所むけの文章を作るのがお仕事で、
法律は行政書士法で、総務省が監督する資格です。

 

対して、司法書士は裁判所などが関与する懸案の、書面を作るのがお仕事です。

 

法律は司法書士法、法務省が監督をしています。

 

弁護士、司法書士、行政書士などに
債務整理のお手伝いをお願いするか迷った時は事務所に電話か、
メールで連絡して「こういった事情なのですけれども、
先生の事務所で手続きは可能でしょうか」と問い合わせてみましょう。

 

もし、出来ないことがあればきちんと断ってくださいます。

 

また、法曹界はつながりが強いので、
知り合いの法律家を紹介していただけることもあります。

 

ただし、気をつけないと顧問契約を2つすることになりますので注意しましょう。

 

肩書きではなく、大切なのはいかにスムースにかつ穏便に債務整理を済ませられるかです。

 

よくお人柄と能力を吟味して、お仕事を依頼なさってくださいね。